Q11 熱電対センサのコードに銅線を繋いで延長しても大丈夫ですか?

その部分が異種金属部となり誤差の原因になる為NGです。
必ず熱電対線や補償導線を用いて延長してください。
また、熱電対や補償導線の繋ぎ方にも注意が必要です。
通常の電子回路等と同様に、はんだ付けや銅製のY端子で繋ぐとその部分が異種金属部となりますのでNGです。
基本的にはスポット溶接か熱電対製のジョイント部品で繋いでください。