Q19 温度校正システムACSⅡシリーズとは何ですか?

安立計器の温度基準器です。弊社では基本的にACSⅡシリーズで測定した結果を校正結果や許容差としてうたっております。

表面温度校正器の原理:
大きい金属ブロック(銅製)を加熱し、その表面が100℃の時にセンサを当て温度計測をします。表面温度は「下図のような系の場合、熱流の向きが矢印の方向であれば各部の温度は必ずTin>Ts>Toutとなります。」この考えを用いて実際にTinとToutを測定して算出し、ACSⅡシリーズの総合精度に反映しております。

画像

内部温度校正器の原理:
大きい金属ブロック(銅製)を加熱し、ブロックに開けてある穴に基準となる内部温度センサと、校正対象の内部温度センサを挿入し、比較校正を行います。